【安城デンパーク】のじゃぶじゃぶ池で水遊び!前売り券についてもご紹介!

お盆休み最後の日に安城デンパークに初めて行ってきました。
暑い夏!!じゃぶじゃぶ池は年長娘ちゃんにはちょうど良い遊び場でした。

園内には風鈴が吊るしてあり、足水や打ち水ができるところもあり、涼しさを感じてもらえるようにおもてなしされていました。

そこで今回は安城デンパークについてご紹介します。

スポンサーリンク

じゃぶじゃぶ池で水遊び

正面ゲートから入るとすぐに水のステージがあり、その横にはじゃぶじゃぶ池があります。
井戸水と雨水を水源としているようで比較的綺麗な水です。

2019年3月にじゃぶじゃぶ池がリニューアルされたのでテントやイスなど日陰の休憩スペースが整備されました。
じゃぶじゃぶ池で遊んでいる子たちを親がまわりで休憩しながら見ていることができます。
とても暑い日だったのでありがたかったです。

我が家はテントを持参しましたが、ポップアップテントなら持ち込みは可能でした。

夏のイベント期間中(9月1日まで)は、2体の水を吐く恐竜ロボットが設置されています。
水鉄砲が無料で貸し出ししていましたので恐竜とバトルもできます!!

『【楽天市場】水鉄砲 ウォーターガン ハローキティ』
↑ ↑ ↑
リュックタイプのタンクを背負って恐竜とスプラッシュバトルしている子もいました。
今はこんな水鉄砲があるんだ~おもしろいなぁと思いました。

それから手押しポンプもあり、うちの子は水をかけてもらって遊んでいました。
ここまでずぶ濡れになって遊ぶと思わなかったので水着を持っていけば良かったかなぁと後悔。
思いっきり遊ぶなら水着持参したほうがいいですよ。
もちろん服のまま入っている子もいっぱいいました。

池の一角では、アクアボールやパドルボートなどの楽しい水上アクティビティ体験も開催していました。夏のイベント期間中(9月1日まで)

スポンサーリンク

アミューズメント施設

デンパークのシンボル「デンパーク風車」の横には 2018年3月にリニューアルした「リーフ・フォー・ザ・スカイ」があります。国内最大級の高さ12mの大型木製遊具ですよ。

その他に「スカイスライダー」「こども広場」「室内あそび場 あそボーネ」などもあります。

園内をぐるっと1周するメルヘン号があり、料金は大人200円 小中学生100円で楽しめます。

とても天気が良く、暑い日だったので今回は遊ばなかったのでまた今度ゆっくり遊びたいと思いました。

スポンサーリンク

おでかけ情報

「施設」安城産業文化公演デンパーク
「住所」愛知県安城市赤松町梶1
「問い合わせ先」0566-92-7111
「営業時間」9:30~5:00
「休園日」毎週火曜日(祝日の場合はその翌日) ※8月13日は開園
「入場料」大人:700円、中小生:300円、シニア(65歳以上):560円
「駐車場」有 1000台 無料
「アクセス」
JR「安城駅」からあんくるバスで「安城更生病院」乗り換え、「デンパーク」下車

スポンサーリンク

安城デンパーク 前売り券について

「アソビュー!」なら、30円~50円引きで入場できますよ。

「前売り券」の購入はこちら!!
↓ ↓ ↓

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

すべての行き先に「安城産業文化公園デンパーク」を入力して検索をする。
※チケットは購入日から1か月間が有効期間ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
安城デンパークの水遊びした感想を書いてみました。

花の体温室 フローラルプレイスは改修中で休館でした。(2020年3月13日まで)
デンパークで有名な人魚姫の像やガーデンルームなどがあるのでまた今度は行ってみたいです。

安城デンパークでは四季折々の花が楽しめるのでお弁当を持参して気候がよくなったらピクニックへ行くのもいいですよ。

是非、安城デンパークへ遊びに行ってみて下さいね。

コメント